cox-1

アラキドン酸とcox-1の役割

脳の活性などに大きく関係する事が判っているアラキドン酸ですが、このアラキドン酸を体内で代謝し、種々の成分へと変換していく物質があります。
その一つが、cox-1というものです。
cox-1は体内に置いて非常に重要な働きをするのですが、具体的にどのように体のために働いているのでしょうか。

cox-1とは、簡単に言うとタンパク質のことです。
体の特定の部分に存在している物質というよりは、いろいろな所に存在し、ステロイドの活性にも抑制されないという特徴があります。
非常に安定して存在できる特色もあり、細胞内に常に一定の量を保つことができます。
さて、このcox-1がアラキドン酸と出会う時に体のためにプロスタグランジンという物質を生成します。
このプラスタグランジンとはホルモンの一種で、人間の様々な期間に影響を及ぼします。
例えば、血圧低下作用、血管拡張作用などです。
ですから体全体の血の巡りを整える非常に重要な物質ということができます。
血流が改善されるということは体にとってたくさんのメリットがあります。
例えば、胃の粘膜の血流を良くし、結果的に胃粘膜を保護するという作用などです。
この胃の粘膜があるおかげで、食べたものだけが消化され、胃そのものが溶けないように守られているわけです。
ですから、アラキドン酸を取り入れて、cox-1と出会い、プラスタグランジンが生成されるという過程は、健康を維持する上で欠かすことができません。

では常にそのよい循環を意識して食生活を組み立てましょう。
まず必要となるアラキドン酸は、体内で自動的には作られることはありませんので、しっかりと適量を取り入れる必要があります。
とはいえ、肉や魚や卵など、私達が普段良く食するものの中に含まれているものですので、バランスの良い食事を心がけていれば自然に適量のアラキドン酸を取り入れることができるでしょう。
どうしても食事からでは十分な量を摂取できないとお感じの方には、サプリの形で取り入れることもできますので必要をお感じの方はそちらも調べてみるとよいかもしれません。