cox-1

アラキドン酸とcoxによって作られる物質

必須脂肪酸の一つであるアラキドン酸は、体内では生成できないため食事などで取り入れる必要があります。
その効果は様々で脳の活性化に役立つために、老化による思考力の低下や学習能力の衰退を予防することができたり、精神安定作用もあるために精神疾患の治療法としても注目されています。
このアラキドン酸は体内にとりいれられてから、体内の様々な物質と化学反応を起こします。
そして、そのように生成された物質は体のあらゆる部分で効力を発揮するのです。
では具体的にはどのような物質を作り出すのでしょうか。

アラキドン酸はたくさんの物質と反応しますので、滝のように反応するという意味でアラキドン酸カスケード(=滝の意味)と呼ばれる状態になります。
その中でシクロオキシゲナーゼという、coxとも呼ばれる酵素の一種とアラキドン酸が反応することによってプロスタグランジンという成分が生成されます。
プロスタグランジンとは、簡単には「痛みを感じやすくする物質」と言えます。
そういうと何か悪い物質のように感じてしまうかもしれませんが、そうではありません。
実は痛みとは炎症を起こした箇所の修復のために、その箇所へ血液が流されるために局所が熱を持ち、神経が過敏になることで感じるようになります。
なぜプロスタグランジンが痛みに関係するかというと、この物質が血液を流すために血管を拡張してくれるからです。
つまり、炎症を回復する際にプロスタグランジンが不足していると、血流が悪くなりかえって回復を遅らせてしまうということになります。
これを生成できる素になるのがアラキドン酸なわけですからとても大事な成分といえますね。

このようにアラキドン酸カスケードによって生成される物質の一例を考えるだけでも、意識的にアラキドン酸を取り入れていきたいと思いませんか。
アラキドン酸は肉や卵など、手に入りやすい食品に含まれています。
その上最近は、食べ物のうま味やこく味にも貢献していることが分かっていますので、身体にも良くておいしいとても頼りになる成分としてぜひ覚えておきましょう。